天体望遠鏡の種類について

posted in: 未分類 | 0

天体望遠鏡といっても色々な種類があるのは皆さんもご存知だと思います。

それらを大まかに分けるとすれば屈折式や反射式、反射屈折式などがあります。

屈折式天体望遠鏡

屈折式というのは、レンズのみを使用した望遠鏡のことで、誰でも扱いやすく、対象物が安定して見やすいというのが特徴です。ガリレオ式とケプラー式といった屈折式のなかでも構造の違いがあります。

最近に発売されているのはほとんどが後者になっています。

反射式天体望遠鏡

対物レンズの役割を鏡を使用しているのが反射式といい、大型の鏡筒を作りやすいというのが特徴で、性能面では屈折式などと比べると少し劣ってしまうというのが一般的に言われていますが、作りが良いものはそんなこともなく、良質なものと悪いものが極端に分かれる製品です。また、メッキのコートが劣化してくるので、使い込んでくるとメッキの修正などが必要になる場合もあります。

カタディオプトリック

こちらは上記の2つをあわせたハイブリッドモデルといったところでしょうか。最近はかなり色々な進化を重ねています。代表的なのはシュミットカセグレン式などがあります

 

Leave a Reply